バス・洗面・トイレ2017-05-30

話題の“珪藻土バスマット”。

長持ちの鍵は“乾燥”にアリ!?


こんにちは、山崎実業スタッフのナナです。

最近よく聞く“珪藻土バスマット”。
人気だとは知っていても、何がよいの?布製のバスマットとどう違うの?・・・と思っている方もまだまだ多いのでは?

今回は、珪藻土バスマットの人気のヒミツと魅力について、リサーチしてみました。

■バスマットの新定番“珪藻土”タイプって?

テレビの某人気番組でおすすめされたのをきっかけに、あっという間に広まった珪藻土マット。
それまでも、『おしゃれな人が選ぶマストアイテム』として雑誌で紹介されたり、知る人ぞ知る商品だったようです。

■人気のポイントは、主に3つ。

1.湿り気を感じさせない、さらっと気持ちのいい質感
2.カンタンお手入れで、いつも清潔
3.保管が楽で、周りのインテリアの邪魔をしない

話題性からか、オンラインショップでの口コミも多く、徐々に浸透している感じ。
まだまだ珍しさもあり、贈り物やお祝いやの品として選ばれているようです。
新生活に向けて、おしゃれで実用的なアイテムは、確かにもらうとうれしいですもんね。

■比べてみよう。布製と珪藻土タイプ


まとめると・・・
全体的に、珪藻土バスマットのオールマイティさが目立っていますね。
特に、速乾性に関しては珪藻土タイプが圧勝で、使った後、みるみる乾いていく感じや、家族で続けて使っても快適な点が人気のようです。

ちなみに価格は幅広く、国産か海外のものかによって差が。
こだわり派の方は、購入前に口コミなどをチェックして、よく検討してくださいね。

また、珪藻土タイプは素材上、上手にお手入れすれば長く使えるようですが、割れたりヒビが入りやすい面もあります。取り扱いには十分気をつけましょう。

■長く愛用するには“使ったらしっかり乾かす”

特別なお手入れが必要なくても、放置するのは×
“きちんと扱う”ことが、なんといっても長持ちの秘訣です。
難しいことはありません。“使ったら乾かす”さえ守ればOK!
珪藻土バスマットの吸水・速乾性は、きちんと乾燥させてこそ発揮されます。

■専用スタンドで、いつでもカラリ清潔

いつも清潔で長く使うために、置き場所をつくるのもおススメです。
専用のバスマットスタンドを使えば、乾燥させながらすっきり収納♪
壁に立てかけておくだけだと、床に接地している面が乾きにくいのですが専用スタンドを使えば、マット全体をしっかりキレイに乾燥できます。
中には、珪藻土バスマットの固い表面を傷つけない工夫があるスタンドもあり安心ですね。

■バスマットを置く洗面スペースの湿気対策も

じめ~っとした梅雨の時期は、カビや雑菌がいたるところにウヨウヨ・・・。
珪藻土バスマットは性質上、カビや雑菌を防ぐ衛生的なつくりなんですが、これを置いておく洗面室の壁や床が湿っていたら、バスマットの快適さも半減です。
洗面室はいつも風通しをよくし、しっかりと乾燥させましょう。

たいせつなのは手間をかけることではなく、製品に合ったお手入れや保管をすること。
少し割高に感じられる珪藻土バスマットですが、専用スタンドをうまく活用することで、長く愛用できそうです。購入を迷っている方、この機会に一度検討してみては?

今回ご紹介した製品はコチラ

珪藻土バスマットスタンド タワー

置き場所に困る珪藻土バスマットをスリムに立てて収納できる専用スタンドです。使用後に立てかけておくことで、表裏ともしっかりと乾かせます。珪藻土バスマットを傷つけないクッション付き。シンプルなデザインとホワイトカラーが、パウダールームに最適です。

このコラムを読んだ人にオススメ